転職するなら看護師の求人を徹底比較

仕事内容・労働条件・給与・離職率など看護師の転職を成功させるために重要な比較ポイント

公共機関の仕事内容や特徴

看護師の職場と一口に言っても実に様々。今回はその中から公共機関について説明していきましょう。 公共機関とすると分かりにくいですが、要は保健所や役所などの施設で働くということです。

特徴としては公務員扱いになるので給与がしっかりともらえること。給与が異常に低くてツラい、なんてことも少ないでしょう。また、職場自体も安定しているので、余計な不安を持つこともなく、集中して仕事に励めます。公務員なので土日や祝日がきちんと休みなのも嬉しいポイント。休日には家族などと過ごしてリフレッシュし、モチベーションが上がった状態で仕事を再開できます。こういった理由から、公共機関の求人は非常に人気があるようです。

そんな公共機関での仕事内容は、職場によって変わってきます。たとえば、健診を定期的におこなっている施設であれば健康診断をしたり、場合によっては近場の催し物に参加して病気などの注意を呼びかけたり、病院などの勤務と比べると近隣住民とのコミュニケーションが多めかもしれません。 保健所で行っている未熟児などの自宅訪問も仕事内容のひとつです。こちらも外に出ての活動であり、病院などとは大きく変わってきます。

このように、医療の現場から一歩離れて、住民の健康を守ったりするのが主な仕事内容。労働環境も整備されており、自分の時間と仕事の両立が可能な職場なので、求人を見つけたら積極的に狙っていくといいでしょう。ただし、求人は少なめなので注意です。